「風」の大久保一久さん

伊勢正三ショック…フォークデュオ「風」の相棒・大久保一久さん死去、71歳
サンケイスポーツ 9/16(木) 4:00配信

「22才の別れ」などのヒット曲で知られる伝説のフォークデュオ、風のメンバーでミュージシャン、大久保一久(おおくぼ・かずひさ)さんが13日に東京都内の病院で死去したことが15日、分かった。71歳だった。1979年の風の活動休止後はソロで歌っていたが、2008年に脳血管障害を発症。その後、脳梗塞を患い、闘病生活を続けていた。関係者によると、相棒の伊勢正三(69)もショックを受けているという。

■デビュー曲「22才の別れ」大ヒット

日本のフォークソングブームを支えたレジェンドが、人生のステージから降りていた。

関係者によると、13日に都内の病院で息を引き取り、この日に親しい関係者に訃報の連絡が入った。死因は明らかにされていないが、近年は脳梗塞を患い、入退院を繰り返す生活を送っていたという。葬儀はコロナ禍を鑑み、16日に都内の斎場で近親者のみが参加して行う。

広島・呉市出身。フォークグループ、猫を経て、75年、かぐや姫のメンバーだった伊勢と風を結成。伊勢が作詞作曲したかぐや姫の名曲「22才の別れ」をデビュー曲として発売し、大ヒット。その後も、「あの唄はもう唄わないのですか」「ささやかなこの人生」など名曲を世に放った。

79年に活動休止し、ソロ活動を展開。83年に再び活動休止後は薬剤師として勤務していたが、90年に行われた南こうせつ(72)のライブイベントで伊勢と共演。07年5月には伊勢のソロ公演に飛び入りで参加し、28年ぶりに風を復活させて往年のファンを喜ばせた。

■08年に脳血管障害で緊急手術受け

翌08年4月には伊勢のツアーにゲストとして帯同する予定だったが、同1日のリハーサル中に倒れ、病院へ搬送。脳血管障害と診断され、緊急手術を受けた。手術は無事成功し、同7月に退院。その後は広島の実家で療養を続けていた。

大久保さんの訃報は、ともにメロディーを紡いできた相棒にも届いており、2人を知る関係者は「伊勢さんは大変ショックを受けています」と話している。

伊勢は17年11月に風時代のライブ映像と音源を初めてCD&DVD化した際、夕刊フジの取材に「これは何より大久保君が一番喜んでくれるという確信がありました」と説明。療養中の大久保さんに発売することを電話で連絡したといい、「すごく喜んでくれました。まだまだ体調は優れない感じだけど、早く元気になってほしい」とエールを送っていた。
(以下略)
https://news.yahoo.co.jp/articles/26754d483edb6a7a8f1d215fb0949ed1d067dac8

 


「風」のデビュー曲「22才の別れ」は(ある年代以上には)超有名曲ですが、「かぐや姫」色が強すぎるように思い、「海岸通」も好きな曲ですが、カバーした「イルカ」色が強すぎ、ということで、やっぱりこの曲。

 


www.youtube.com

 

知らない方は、曲のタイトルからは、淋しさや矮小感、無力感のようなものを感じられるかもしれませんが、
「ささやかなこの人生を喜びとか悲しみとかの言葉で決めて欲しくない」(←著作権法上、認められるレベルの引用)
という歌詞があるように、愛に傷ついた人に肯定的なメッセージを送る優しい曲だろう、と私は考えています。

「風」だけではないのですが、このあたりの世代の人々の曲を聴くと、文字どおり「君と歩いた青春」という、これまた「風」の名曲を思い出します(これは、太田裕美さんのイメージが強い曲ですが)。

(こちらはリンクだけ。)

https://www.youtube.com/watch?v=n0ekYwg39AE

 

大久保さんのご冥福をお祈りするとともに、お礼申し上げます。

訪問介護7割×6割パブコメ結果4

 ケアマネジャーとしての意見です。ただ業務量が増えるだけでは、その分利用者へ対応出来る時間が減ってしまう。業務量を増やすのであれば、それと同程度の業務量を減らすべき。

 今般の仕組みの導入にあたっては、市町村及び居宅介護支援事業所等の事務負担に留意して効率的な仕組みとなるよう努めてまいります。
 なお、平成30年度介護報酬改定で導入された生活援助中心型ケアプラン検証については、居宅サービス計画の届出の頻度について、一度検証した居宅サービス計画の次回の届出は、1年後でよいものとする等の運用の改善を行っています。


 一般的な在宅独居及び家族同居のケースとサ高住入居者を同じ物差しで測ることが無理だと思います。在宅生活困難となった場合に施設入居を選択される為必然的に訪問介護の利用時間は増加します。

 今般の仕組みでは、御指摘のような事情も踏まえた上で、市町村における届出対象のケアプランの指定、検証対象となった場合は多職種協働による検討が行われるものです。


 訪問介護を促進しようとしているのか、制限しようとしているのか分かりません。

 今般の仕組みは、より利用者の意向や状態に合った訪問介護の提供につなげることのできるケアプランの作成に資することを目的とし、介護支援専門員の視点だけではなく、多職種協働により検討を行い、必要に応じてケアプランの内容の再検討を促すものであり、サービスの利用制限を目的とするものではありません。


 経営的な側面が強い場合は、他法人の居宅介護支援事業所への利用者の移行や、同一法人の他事業種への利用プラン変更を行い、そもそも検証の場にあがってこない事業所が生じる。

 貴重な御意見として承ります。


 ケアプラン検証には、ケアチームの各責任者も同席願いたいです。(地域ケア会議ではないです。)

 今般の仕組みでは、検証の方法として、地域ケア会議のみならず、当該市町村の職員やリハビリテーション専門職を派遣する形で行うサービス担当者会議等での対応も可能です。
 今後、詳細をお示ししていく際に、周知してまいります。


 現場を厳しくしても、行政機関がサービス内容が分かっておらず、検証のための会議も行っていない。自治体の介護保険係に主任ケアマネを義務化すべき。

 貴重な御意見として承ります。


 限度額いっぱいで訪問介護が必要となる利用者の方もいらっしゃるので、まずは定期巡回も特定事業所の集中減算の対象にして下さい。

 貴重な御意見として承ります。

 

パブリックコメント結果、ここまで)

訪問介護7割×6割パブコメ結果3

 独居で認知症の方や要介護度の高い方は、訪問介護の利用回数が多いが、この方針に当てはめると、在宅生活が成り立たなくなり、グループホームや施設への入所になる恐れがあります。

 今般の仕組みは、より利用者の意向や状態にあった訪問介護の提供につなげることのできるケアプランの作成に資することを目的とし、介護支援専門員の視点だけではなく、多職種協働により検討を行い、必要に応じてケアプランの内容の再検討を促すものであり、サービスの利用制限を目的とするものではありません。
 今般の仕組みの趣旨については、今後、しっかりと周知してまいります。


 LIFEの活用により検証できるのではないか。ヘルパーの業務を増やさないで欲しい。

 LIFEは利用者の状態・ケアの内容等の情報を提出していただくものであり、ケアプラン情報の収集は行っていないこと、また、全事業所での入力が義務とされているものではないため、今般の仕組みへの活用は困難です。
 今般の仕組みは、居宅介護支援事業所を対象とした点検・検証の仕組みですが、市町村及び居宅介護支援事業所等の事務負担に留意して効率的な仕組みとなるよう努めてまいります。


 単純に「個々のケースにおいて、利用可能単位数の6割を訪問介護で利用した場合、プラン及び“必要性を検討した担当者会議の記録”を役所に提出し、許可を得る」形にし、事業所への指導についてはそのようなケースが事業所全体でどの程度存在するかを目安にする方がよいのではないでしょうか。

 今般の仕組みでは、要件に該当する居宅介護支援事業所は要件に該当するケアプランを介護度別に1件ずつ以上提出することにする等、市町村及び居宅介護支援事業所等の事務負担に留意して効率的な仕組みとなるよう努めてまいります。


 介護保険における被保険者証の認定審査会意見に、サービス標準割合として、訪問介護は6割や、状態像に対し何割程度を目標とする等を記載することや、居宅介護支援の集中減算の割合を高める、介護サービスの同一減算の割合を一定単位を越えたら高めるなど具体的な抑制策では不可であるのか。不可の場合は理由を知りたい。

 今般の仕組みは、より利用者の意向や状態に合った訪問介護の提供につなげることのできるケアプランの作成に資することを目的とし、介護支援専門員の視点だけではなく、多職種協働により検討を行い、必要に応じてケアプランの内容の再検討を促すものであり、サービスの利用制限を目的とするものではありません。


 改正の目的を果たすことは、現在ケアマネが受講している研修で十分に達成出来るのではないか。

 今般の仕組みは、多職種協働による検証を行うことが重要と考えています。


 機械的に区分支給限度基準額までケアプランを組む事業所に対しては、指定権者(都道府県)が個別事業所に指導・監督を行って是正すべき。指導・監督出来ないならば、厚労省は指定権者の指導・監督の実態を調査・公表すべき。

 今般の仕組みは、より利用者の意向や状態に合った訪問介護の提供につなげることのできるケアプランの作成に資することを目的とし、介護支援専門員の視点だけではなく、多職種協働により検討を行い、必要に応じてケアプランの内容の再検討を促すものであり、サービスの利用制限を目的とするものではありません。
 なお、自治体において、介護保険法令等に照らして必要がある場合には、指導・監督が行われます。


 基準に該当した事業所があっても、事業所への妥当性の検討を求めることは市町村の判断に委ねて頂きたい。また本改正で発生する書類作成は負担軽減頂きたい。

 今般の仕組みでは、届出対象のケアプランは、指定居宅介護支援等の事業の人員及び運営に関する基準第13条第18の3号に基づき、本告示で「定める基準に該当する場合であって、かつ、市町村からの求めがあった場合」となっています。また、市町村及び居宅介護支援事業所等の事務負担に留意して効率的な仕組みとなるよう努めてまいります。

 

(つづく)

訪問介護7割×6割パブコメ結果2

 当該事業所利用者全員の「訪問介護に係る居宅介護サービス費」総額を「区分支給限度基準額」の42%としている事は、「総額規制」とはいうものの「総額」が「個別額」の集合である以上、明らかに利用者個別の権利侵害を来す蓋然性を持っています。

 今般の仕組みは、より利用者の意向や状態に合った訪問介護の提供につなげることのできるケアプランの作成に資することを目的とし、介護支援専門員の視点だけではなく、多職種協働により検討を行い、必要に応じてケアプランの内容の再検討を促すものであり、サービスの利用制限を目的とするものではありません。


〇 支給限度基準額の対象外となる加算等を含めるか含めないか。たとえば特別地域加算等は除外して計算すべきである。

 区分支給限度基準額の対象外となる加算等は計算の対象ではありません。
 今後、詳細をお示ししていく中で周知してまいります。


 直近の報酬改定から集合住宅減算についての支給限度基準額の取扱いが変更になっているが、この件の取扱いはどうするのか

 計画単位数で計算を行うため、ご指摘の減算等は計算の対象ではありません。
 今後、詳細をお示ししていく中で周知してまいります。


〇 割合の計算は、計画ベースで行うか実績ベースで行うかも示す必要がある。

 計画単位数で計算を行います。
 今後、詳細をお示ししていく中で周知してまいります。


〇 支給限度基準額の超過により、訪問介護等が全額自己負担となった部分についての取扱いについても、示す必要がある。

 区分支給限度基準額の超過部分は計算の対象ではありません。
 今後、詳細をお示ししていく中で周知してまいります。


〇 災害や新型コロナウイルス感染症のからみで、他のサービスから訪問介護に一時的に変更となったようなケースについて、届出の対象から除外するなどの配慮が必要ではないか。

 今回の仕組みにおいては、本基準に該当する場合であって、かつ、市町村からの求めがあった場合に、ケアプランを届け出ることとなっております。ご指摘のような事情については、市町村がケアプランの指定を行う際に把握していることは一般的には難しいものと考えますが、実情に応じて柔軟な運用がなされるよう周知してまいります。


〇 40歳から64歳までの生活保護受給者で被保険者ではない者が、介護扶助により訪問介護を利用している場合には、今回の届出対象とはならないということでよいか

 市町村から求めがあった場合は、届出の対象となり得ます。


 「百分の七十以上であること」などと、基準値以上なのか、基準値以下なのかを明示すべきと考えます。

 「以上」と規定することにより、基準値以上が対象であることを明示しました。

 

(つづく)

訪問介護7割×6割パブコメ結果1

よくわからないタイトルですが、支給限度の7割、そのうち訪問介護が6割以上のケアプランは、市町村が出せって言ったら届出してね、というパブリックコメントの結果です。

最初の記事はこちら。
https://jukeizukoubou.hatenablog.com/entry/2021/07/31/160211

 

********************

 

「指定居宅介護支援等の事業の人員及び運営に関する基準第十三条第十八号の三に規定する厚生労働大臣が定める基準案」に対して寄せられた御意見について
https://public-comment.e-gov.go.jp/servlet/Public?CLASSNAME=PCM1040&id=495210146&Mode=1

令和3年9月14日
厚生労働省老健認知症施策・地域介護推進課

 標記につきましては、令和3年7月20日から同年8月18日までインターネットのホームページを通じて御意見を募集したところ、計49件の御意見をいただき、そのうち本件と関係のある御意見は46件でした。お寄せいただいた御意見と御意見に対する考え方は以下のとおりです。
 御意見については、適宜要約等の上、取りまとめており、パブリックコメントの対象となる案件についての御意見に対する考え方のみを公表させていただいておりますので御了承ください。
 御意見をお寄せいただきました方の御協力に厚く御礼申し上げますとともに、今後とも厚生労働行政の推進に御協力賜りますようお願い申し上げます。

 

 区分支給限度基準額に占める割合を100分の70と、訪問介護に係る居宅介護サービス費がサービス費の総額に占める割合を100分の60とした根拠が明示されていない。
 また、介護給付分科会では、対象は約3%と説明されているが、その根拠を示して頂きたい。

 平成30年度介護報酬改定で導入された生活援助中心型サービスの回数が多いケアプランの検証(以下「生活援助中心型ケアプラン検証」と言います。)が、届出対象の基準となる回数を「全国平均利用回数+2標準偏差」としています。今般のケアプラン検証の各要件についても、標準偏差などの考え方を用い、設定することとしました。この要件の設定により、対象となるケアマネ事業所は全体の約3%程度と見込んでいます。


 なぜ訪問介護サービスの割合のみ抽出なのか、理由を示していただきたい。利用者の意向に沿ったというなら、ニーズや満足度を図る指標が必要ではないでしょうか。

 平成30年度介護報酬改定で導入された生活援助中心型ケアプラン検証については、一定数のケアプランの再考が促されたという実態もある一方で、生活援助が身体介護に振り替えられているのではないか、要介護度別に一律の基準(回数)を当てはめることが適切か等の指摘があったことを踏まえ、ケアマネジャーや市町村の事務負担も考慮しつつ、どのような対応が考えられるかを社会保障審議会給付費分科会でご議論いただき、より利用者の意向や状態にあった訪問介護の提供につなげることのできるケアプランの作成に資するよう、訪問介護全体について多職種協働で検討を行う仕組みとして、今般の検証の仕組みが導入されることとなりました。


 なぜ、今回設けられた基準が居宅サービス計画が「利用者の状態」に「合った」計画ではない可能性を持っているとする判断基準となるのか。

 社会保障審議会介護保険給付費分科会における議論を踏まえ、「令和3年度介護報酬改定に関する審議報告」(令和2年12月23日)において、「検証方法として効率的で訪問介護サービスの利用制限にはつながらない仕組み」として、今般の検証の仕組みが導入されることとなりました。
 本告示で規定する要件は、あくまで効率的に検証を行っていくため標準偏差などの考え方を用いて設けているものです。当該要件に該当し、市町村に届け出られたケアプランについては、より利用者の意向や状態に合った訪問介護の提供につなげることのできるケアプランの作成に資するよう、多職種による検証を行っていただくことになります。

 

(つづく)

車いす系のパラ球技

では、いよいよ、車いす系のパラリンピック球技について。

 

車いすに座ると、立位の競技者(立って競技するプレーヤー)に比べて、全てが低くなります。目や手の高さ、ラケットなど用具が到達する最高の高さ、などです。
たいていの競技では、車いすの座面から離れてはいけない(立ち上がって競技してはいけない)というようなルールがあります。また、実際に立ち上がることが困難な競技者が多いため、立ち上がりもジャンプも物理的にできない場合が多いと思います。

 

この結果、車いすテニスでは、サーブを打つ位置(高さ)が、一般的なテニスよりは低くなります。つまり、スビンサーブやスライスサーブなど回転を適切にかけないと、相手側のサービスエリアには入りません。「強烈なフラットサーブ」というのは、物理的に無理といっていいでしょう。

f:id:jukeizukoubou:20210914215649g:plain

 

また、スマッシュやボレーなど、いわゆるネットプレーも難度が上がります。
後方からネットへのダッシュや、ネットについた後の左右への移動、ロブを打たれた場合の後方への移動なども、一般的なテニスよりは難度が上がるので、先のサーブの制約も合わせると、サービス側は一般的なテニスほどは有利ではない、といえるかもしれません。

 

このあたりは、プレーヤーにより差があるでしょう。
たとえば国枝慎吾選手は、東京パラリンピックでも果敢にネットダッシュをしたり、その途中の一般的なテニスのプレーヤーならボレーをためらうかもしれないぐらいネットとの距離がある位置でも難しいボレーを決めたりしていました。
上地結衣選手は国枝選手ほどは前に出る印象はありませんが、それでも低い位置(ネットから距離がある位置)のボレーがきれいに決まっていました。

 

車いすバスケットボールでも、高さの問題はあります。
というより、こちらの方が高さの差は重大かもしれません。
(日本代表チームの)フリースローが外れるたびに、「おおっ」と声が出てしまうことがありましたが、立位の(つまり通常の五輪などの)バスケットのフリースローでも外れる場合があるのに、それより数十センチは低い位置から決めるのは、楽なものではないと思います。
車いすを慣性で疾走させながら速攻でレイアップシュートを決める選手が、ローポイントのメンバーの中にもいましたが、これなどは私には神業に見えます。

f:id:jukeizukoubou:20210914215747g:plain

 

他にも車いすや、車いす球技の特性があります。
静止状態から動き出すのにはエネルギーが必要で、スタートダッシュで健常者に勝つのは困難です。
一方、ある程度の速度に達すれば、前進なら車いすの方が速くなります。
陸上競技の100メートル走では、パラリンピックの他の種目(視覚障害や上肢障害など)に勝てませんが、マラソンでは健常者の世界記録よりも速くなります。
それでも、真横には動けません。
これは、一般的には球技には有利には働きにくい特性でしょう。

 

ただ、この特性を考慮して、パートナーがプレー中も自分の車いすが静止しないようにぐるぐる回って備える車いすテニスのダブルスや、真横に動けない相手選手を封じる車いすバスケットの工夫を見ることができます。

 

やはり、パラリンピックスポーツはおもしろい。


そして、これはパラスポーツに限りませんが、日本人の場合、球技に人気が集まる傾向はあるようで、このことについて考えてみるのもおもしろそうです。

ただし、今夜は別に書きたい記事があるので、機会があれば、ということにします。

ロコ・ソラーレvs北海道銀行

「東京パラ雑感」という記事で、「車いす系の球技(ラグビー、バスケットボール、テニスなど)については、機会があれば、別記事に」と書いて放置していました。
https://jukeizukoubou.hatenablog.com/entry/2021/09/06/212514

書かなきゃ、と思いながら、ついついカーリングの話を。


9月10日から12日にかけて、北京冬季五輪女子カーリングの世界最終予選日本代表決定戦が行われました。

日本選手権2020年優勝のロコ・ソラーレと、同じく2021年優勝の北海道銀行フォルティウス)との3戦先勝システムです。


ロコ・ソラーレは、平昌五輪の頃は「LS北見」として登録していましたが(登録名に愛称は不可で、所属する協会名か法人名や学校名、、居住している地域名、代表選手の姓などしか使えない)、2018年に法人化(一般社団法人)されたため、「ロコ・ソラーレ」が正式な登録名となりました。

 

結果は、3勝2敗でロコ・ソラーレの逆転優勝(以下、ロコ・ソラーレから見たスコア)。

第1試合:6-7(延長11エンド)
第2試合:7-8
第3試合:9-3
第4試合:8-6
第5試合:8-6

 

最初の2試合は、スコアは競ってはいましたが、ロコ・ソラーレのスキップ・藤澤選手のショットの精度がもうひとつかな、という印象。
ですが、第3試合、第4試合と、ロコソラーレ側のショットが良くなってきたような印象です。
北海道銀行のスキップ・吉村選手は、他のストーンを弾くテイク系のショットは良いのですが、置きに行くドロー系のショットの精度は、藤澤選手に一歩譲る感じでした(あくまで素人が見た印象です)。

 

しかし、最終第5戦は、両チームとも力の入った質の高い攻防になりました。
どちらも最高でも1エンドに2点までの得点で、ロコ・ソラーレの1点リードという僅差で最終10エンドに入りました。

 

f:id:jukeizukoubou:20210913210431g:plain

図は後攻・ロコ・ソラーレ、藤澤選手の最終投の場面。
中心からは赤(北海道銀行)の1と2が近く、黄色(ロコ・ソラーレ)としては、赤の1よりも内側に入れたい。
赤の1より遠くて2より近ければ、北海道銀行に1点入って延長(エキストラエンド)へ。
赤の2よりも遠ければ、北海道銀行が逆転勝利となります。

 

平昌冬季五輪の三位決定戦の英国最終投に比べれば、難易度が高いとは言えないのでしょうが。
https://jukeizukoubou.blog.fc2.com/blog-entry-2481.html

プレッシャーがかかる場面で、藤澤選手は中心近くにドローショットを決め、世界最終予選の出場も決めました。

 

画像では、北海道銀行船山弓枝選手のユニフォームの背中の文字がよく見えます。
つまり、前傾姿勢で待ち構えていて、黄色の勢いが強かったらスイープして下の方に逃がそう、と意図だったのでしょうが、円中心近くの矢印のあたりで止まりました。
藤澤さんのコントロールとロコの他のメンバーのスイープ加減の勝利。北海道銀行も、最後まで最善を尽くそうとしましたが、残念でした。

本当に、すごい試合でした。

 

試合後、ロコ・ソラーレ代表理事本橋麻里さんが、吉村選手など北海道銀行の選手もハグして、「ライバルチームがいなかったらここまで強くなれなかった」と言った、という報道がありました。
(日刊スポーツ 9/12(日) 23:18配信 など)
https://news.yahoo.co.jp/articles/ba2e04e0edb6b84cae8ff615a19070f768d58b0e

 

考えてみれば、本橋さんも、吉村さんや船山(旧姓・林)さんも、北海道銀行を退いて日本カーリング協会理事になった小笠原(旧姓・小野寺)歩さんも、両チームの多くの選手も、北見市の旧常呂町やその周辺の出身であったり、チーム青森などさまざまな環境でプレーしながら日本のカーリングのレベルを上げてきた人たちなんですね。軽井沢など他の地域を拠点にした人たちもいて、戦いながら強くなって。

 

世界最終予選は、12月10日からオランダのレーワルデンで行われる予定のようです。
コロナ禍で出入国も練習環境も大変でしょうが、今回のようなプレーができれば、北京五輪出場権も手が届くのではないかと思います。