水島作品ベストナイン

漫画家の水島新司さんが引退
時事通信 2020年12月01日12時04分

 「ドカベン」「あぶさん」などの人気野球漫画で知られる漫画家の水島新司さん(81)が1日付で引退すると、所属事務所が同日発表した。

 水島さんは「63年間頑張ってまいりましたが、本日をもって引退することに決めました。長年お世話になった出版関係者の皆さま、漫画界、野球界、作画スタッフ、そして何よりも作品を支えてくれた読者の皆さま、本当にありがとうございました。これからの漫画界、野球界の発展を心よりお祈り申し上げます」とコメントした。
 水島さんは1958年にデビューし、数多くの野球漫画を手掛けた。2018年には、46年間、5シリーズにわたり描き継いだ代表作「ドカベン」が最終回を迎え、大きな話題を集めた。
https://www.jiji.com/jc/article?k=2020120100611&g=soc

 


水島さんの作品については、語りだすとキリがないと思います。

長い間、本当にありがとうございました。


ここで、独断による水島作品ベストナインを。

 

1番・三塁:岩鬼正美
2番・二塁:殿馬一人
3番・遊撃:真田一球
4番・捕手:山田太郎
5番・右翼:武蔵坊数馬
6番・一塁:土井垣将
7番・左翼:微笑三太郎
8番・投手:藤村甲子園
9番・中堅:三原心平

代打(またはDH)景浦安武

 

異論、というか、さまざまな選択があると思います。
岩鬼を1番三塁に固定すると、こうなってしまいました。

投手は新田小次郎、中西球道など候補多数。リリーフなら水原勇気も。
一塁、三塁、外野なども選択に迷うところ。
遊撃は有名人が少ないので、ほぼどこでも守れて、抜群の身体能力を持つ一球にしました。3番に入れたのは、脚の速さを生かす意味もあります。
三原は本来なら1番でもよいのでしょうが、岩鬼がクリーンナップ(超)級の長打力があるので、それにつなぐ意味があります。
武蔵坊だけはプロ野球経験がなかったと思いますが、常勝明訓に黒星をつけたこと等を勘案しています。

各国の状況(10/8-11/26)

4週間ぶりに、各国の新型コロナウイルス感染症の状況です。

 

今回は、人口1000万人以上の国々で、人口100万人あたりの死亡者数を比較します。今回は、10月8日から11月26日まで、木曜日ごとの推移を見ていきます。

今回はグラフではなく表形式にしました。

 

前回、9月10日から10月29日まででは、アルゼンチンが「独走」していました。
https://jukeizukoubou.hatenablog.com/entry/2020/11/01/155753

 

今回は10月8日からの増加状況ですが、チェコやベルギーなど欧州諸国が上位に来ました。アルゼンチンも3位につけています。

 

f:id:jukeizukoubou:20201127225122g:plain

ここまでが30位。

 

f:id:jukeizukoubou:20201127225340g:plain

ここまでが60位。日本は相対的には少ないように見えますが、増加のペースにやや上昇の傾向が見えること、これから寒い季節に向かうことなど、不安材料はあります。実際、感染者数はかなり増加してきていますし。

 

f:id:jukeizukoubou:20201127225725g:plain

なお、ゼロの諸国もありますが、どの程度の信頼性があるかは国(政府)によって差があるように思います。

打者走者の一塁ベースの踏み方

日本シリーズ第1戦の丸選手と中村晃選手の接触プレーについては、翌日になってから丸選手が謝罪したことで当事者間では決着がついた、と思っていますが、中畑清氏が、丸選手擁護論(中村選手が足を引くべき)を述べているようなので。
https://news.yahoo.co.jp/articles/22abc48e76b5c6ba4362084ad92bf242ed214c6d


問題のプレーのキャプチャー画像を貼っておきます。

 

f:id:jukeizukoubou:20201123215014j:plain

f:id:jukeizukoubou:20201123215032j:plain

f:id:jukeizukoubou:20201123215049j:plain

 

ここで丸選手を責める意図はありません。
中畑氏の言を信用して不適切なプレーをするような若い選手が出てこないようにするためです。

たとえ動画ではわかりにくくても(わかりやすいとは思いますが)、静止画だと走者側の危険プレーだということがよくわかると思います。

一塁手は、ベースの内野側(打者走者から見れば左側)の隅に足を接触しています。

一塁手は、たとえば送球を受けるタイミングと、打者走者が一塁ベースに到達するタイミングが、ごく近い場合、中畑氏が主張するように足をベースから外すことは困難です。

危険を避けることができるのは、打者走者の側だけです。だから、打者走者が左足でベースを踏むようにすれば、一塁手も打者走者自身もけがを避けることができます。

 

なお、これは内野ゴロなどの場合で、外野にヒット性の打球が飛んだ場合のベースの踏み方は、もちろん別です。

「天狗」の返し技

炭治郎役・花江夏樹「天狗」記事に、緒方恵美が「彼のせいではありません」 業界の事情を解説...なお、本人はテングジャーキー写真で反応
J-CASTニュース 11/13(金) 12:06配信

 2020年11月13日、声優の花江夏樹さんが投稿した「天狗」の写真付きツイートが話題を呼んでいる。

 

■「一枚上手でしたな」

 

 花江さんは、いま話題のアニメ「鬼滅の刃」の主人公竈門炭治郎を演じる人気声優。2020年11月12日公開の「週刊女性PRIME」記事で「主人公役にもかかわらず『鬼滅の刃』に関し取材拒否をしており、天狗になっている」と報じられていた。

 この報道を受け、花江さんは12日夕方、自身の公式ツイッターアカウント(@hanae0626)で、「天狗」のロゴマークでおなじみの「テング ビーフステーキジャーキー」の写真に「おいしいなぁ」とのコメントをつけ投稿。午後7時頃には、同じく声優の小野賢章さん(@ono_kensho)から「間違いなく天狗」とリプライされている。

 ウィットに富んだ返しに、ファンからは「ニュースを見て、ムッ...としていたので、見た瞬間ホッとして笑ってしまいました」「(花江さんが)一枚上手でしたな」「記事見てイライラしてたけど、花江さん最高!」と感嘆の声があがっている。ビーフジャーキーの写真をつけたツイートについた「いいね」は17万を超えるなど、大きな反響を呼んでいるようだ。

 花江さんと小野さんの報道を逆手に取ったやり取りに、「花江くんも賢章先生も強すぎwwwww」「返し方が粋すぎてマジ草」とするファンも少なくない。

 主人公「竈門炭治郎」を育てた鬼殺の剣士の育成者が天狗の面をつけていたことから、「育手も天狗ですからw」「育手が天狗だもんでね」とするツイートも散見される。

 

「顔出しの役者」とは出演料などのシステムに違い?
 一方、「新世紀エヴァンゲリオン碇シンジ役などで知られる先輩声優・緒方恵美さんは12日夜、具体的に花江さんらの名前は出さないものの、下記のような連続ツイートを行った。

「顔出しの役者さんと声優の取材の違いについて。
  例えば顔出しの役者さんは、映画一本受けるのに『関連取材や番組出演は何本まで』が契約として出演料に含まれていると聞きます。対して声優は決まってないことが多い。出演料が比較して格段に低いですから、逆に何かあると協議の上プラスでとなります」

「『協議』は仕切りの会社さんと事務所でされます。舞台挨拶、取材、別途映像出演等もすべて、スケジュールやギャラもプラスαでいかがですかと聞かれるのが普通。とはいえあまりにも多すぎるのは大変ですから、そこは担当のどなたかの『配慮』となるのだと思います。
  本人を責めるのはお門違いです」

「それでも『本人』のせいにする。『天狗』と書けば目を引けるから。それもお仕事なのでしょうけど...哀しいですね。あまりにも。
  ファンの方はもちろんわかって下さってると思いますが、彼のせいではありません。『煽りタイトル』に踊らされることはゆめゆめありませんよう。byお節介おじさん(笑)」
最終更新:11/13(金) 12:24
https://news.yahoo.co.jp/articles/baedd7359c75b3037f9ff1456abdc8cc7f3235a1

 


前記事の「週刊女性」に対し、見事な返し技(などというのも花江さんには余計なことかもしれませんが)で、こちらで付け加える必要もないでしょう。

 

といいながら、「にわか」である私以上に知らない方のために、蛇足で。

「育手も天狗」という言葉が記事中にありますが、「育手(そだて)」というのは、「鬼殺隊」を引退して後進を育成する師匠のような存在です。
主人公・炭治郎や、お話の発端を造った冨岡義勇などが師事したのは、鱗滝左近次(うろこだき・さこんじ)という育手で、常に天狗の面をつけています。
そうか、「天狗になっている」というのは、育手になっているということか。

 

それにしても、ビーフジャーキーうまそう。食べたくなってきた。

「週刊女性」の記事にうんざり

鬼滅の刃』に主演声優がウンザリ、関連取材NGで「天狗になっている」の声
週刊女性PRIME 11/12(木) 16:01配信

 とどまるところを知らない『鬼滅』人気。劇場版『鬼滅の刃 無限列車編』は11月1日時点で興行収入157億円超えを達成。観客動員数は驚異の1200万人という数字を叩き出している。すでに日本国民の“10人に1人”が見た計算で、長い日本の映画史の中でも異次元の数字。

「歴代1位の『千と千尋の神隠し』でさえ、興行収入100億円を超えるのに公開から25日もかかっているんですが、『鬼滅』はその半分以下の10日目で達成。このままいくと、その25日目には『千と千尋~』の倍の200億円を軽く超えるというぶっちぎり状態なんです。日本映画史上最大のヒットは確実」(映画配給会社関係者)

 主人公・竈門炭治郎役を演じている声優の花江夏樹にはテレビ、新聞、雑誌にインターネット……ありとあらゆるメディアから取材依頼が殺到しているという。ところが! そんな花江が、『鬼滅』関連の取材をほとんど「NG」にしているというのだ。つい先ごろ、花江にインタビュー取材を申し込んだというアニメ専門誌の編集者はあきれ顔。

「アニメの関連会社を通じて取材をお願いしたのですが“花江さんは『鬼滅』の取材は受けない”と、けんもほろろに……。なんでも花江さん本人が取材にうんざりしてしまったそうで。これまではどんな取材もにこやかに受けてくれたんですが……。“すっかり天狗になっちゃった”と業界内ではもっぱらですよ」

同じ質問はするな

 別の映画ライターは、運よく取材を受けてもらえたというのだが、「その“条件”がひどかった」とこぼす。

「取材までに“花江の過去のインタビュー記事すべてに目を通してきて”“過去の記事と同じ質問はしないで”って。そんな無茶な(苦笑)」

 どうしたって質問内容はカブってしまうし、そうしなければインタビュー記事だって成立しない。

「“この質問の答えは、ほかの記事から引用して書けってこと!?”と怒っているライターさんもいました。ハリウッドの超大物俳優だって、そんなこと絶対に言いません。映画の宣伝で来日したら、取材で何度同じ質問されてもすべて笑顔で答えますよ」

 メディアからの依頼を受け、世の人々の“知りたい”“聞きたい”に応えるのも役者の立派な仕事のはず。花江の所属事務所に真意を尋ねると「そのような条件を出した事実はありません」と回答。そのうえで、こう釈明する。

「ただ、こちらの要望として関係先には“全部は受けられないので(取材数を)絞ってください”という話はしています。可能性として、関係先のどなたかが“ご配慮”くださったのかも……」

 ある声優事務所関係者は、花江にこう同情する。

「芸能界では“取材日”に立て続けにいくつも取材を詰め込んで、出演者が何度も同じ質問に答えるということも普通なのかもしれませんが、どんな人気声優だって、そんな経験ないですからねぇ」

 マスコミ対応の“型”も覚えるといいかもね。
最終更新:11/12(木) 20:31
https://news.yahoo.co.jp/articles/793746cd494b60670fe2f4d43d006a94e6f57bdf

 


批判のための引用であるため、全文貼り付けました。

すでにヤフコメ等にも批判の声が多数あふれています。
もちろん、花江さんではなく、「週刊女性」の記事や、マスコミに対する批判です。

・取材が殺到しているのは周知のことだから、(声優だけでなく読者にも)うんざりされないように事前に勉強して類似のことばかり聴かないようにするのは取材のプロとして当然

・花江さんは他の仕事も多数あり、私生活でも双子のお子さんが生まれたばかりで、早く帰宅したいのは当然(マスコミも配慮すべき)

・大量の取材を受けることには、新型コロナウイルス感染のリスクもあり、声優が感染なんかしたら他の出演作品も総倒れになる

ほかにも多数あります。

また、「週刊女性」の記事では、花江さんは実名(かつ敬称なし)で批判されていますが、批判をしたとされる人間は「アニメ専門誌の編集者」「別の映画ライター」「怒っているライターさん」など、匿名ばかりです。

さらに、所属事務所は「そのような条件を出した事実はありません」とのことで、勘ぐれば、花江さんや「鬼滅」に悪意のある人間の声を増幅誇張して記事にした、という可能性すら感じます(これは可能性の一つで、確証はありません)。

だいたい、「取材にうんざり」が原因なら、「取材拒否」や「取材に条件」は「天狗になっているから」ではなく、「うんざりしたから」というのが論理的な帰結だと思うのですが、この「週刊女性」の記事を書いた記者(あるいは修正したデスク)は、論理的な思考能力が乏しいのでしょうか。


私は、ほぼ「にわか」の「鬼滅の刃」ファンに過ぎませんが、もしマスメディアの人間だったとしたら、本当に取材したいのは、原作マンガの作者です。
でも、その人はメディアには出ず、本名も性別すらも公式には不明です(いろいろ非公式情報はあるようですが)。だから、アニメ制作者関係や、声優、主題歌・挿入歌などの関係者に取材が集中するのも理解はできます。
でも、節度というものはあるでしょう。

はっきりいえば、「週刊女性」などのメディアの一つや二つが潰れたとしても私の生活には関係ありませんが、花江さんなどアニメ関係の実働部隊が潰れたりすると非常に困ります。
今回の劇場版は、原作コミックの7巻から8巻にかけてが基になっていて、少なくとも8巻の途中から最終23巻(まだ出ていませんが)までがアニメになるまでは、世間で「マスゴミ」と呼ばれる人々に邪魔されたくないのです。

「大阪都構想」の終了後に

大阪都構想住民投票で反対多数となりました。

 

大阪市民の選択の結果ですから、外からとやかく言うつもりはありません。松井市長や吉村知事の敗戦の弁が、潔かったですね。松井氏については、橋下氏もそうでしたが、政策の方向性というより、言動の表現や手法に対して抵抗を感じることがありました。批判的な意見もあるようですが、私にとっては今回は好印象でした。お疲れさまでした、と言いたいです。

 

「敗因」は何でしょうか。

 

評論家諸氏がいろいろ分析されてますので、ここでは控えましょうか(笑)
個人的意見としては、コロナ禍を理由に投票を延期して、住民説明会などにじっくり時間を取って、賛否双方の立場から議論を煮詰めていった方がよかったのではないかと思っています。それでもどうなったかはわかりませんが、市民にとっても、より納得感が得られたのではないでしょうか。コロナ対策で吉村知事などの好感度は上がったと思いますが、それと都構想への賛否は別、というのが大阪市民のしたたかさ、というより当然のことなのでしょうね。

 

賛成に転じたはずの公明党が、あまり支持者をまとめられなかった、という声もありますが。

 

党本部が決めたとしても、創価学会のおばちゃんたちには浸透しなかった、ということですね。政教分離ができてて、けっこうなことではないでしょうか(笑)
維新や共産党の支持者は別にして、支持政党に限らず、迷う、悩む市民は多かったのではないですか。誰が議員になるか、というよりも、ある意味、もっと自分たちの生活に密着した問題ですから。
それと、公明党が賛成に転じたのは、知事と市長の入れ替えダブル選で維新が圧勝したことがきっかけになっていますが、あれはあくまで松井氏や吉村氏が支持を集めたのであって、都構想の賛否について判断したのではない、という市民が多かったということでしょう。維新はともかく、公明党もそこを読み違えた、ということかもしれません。
選挙で「○○についての賛否を問う」などと政治家は言いますが、その争点以外の要素で有権者が判断することは多々あります。だから、維新の入れ替えダブル選とか、小泉政権での郵政民営化解散とかの手法は、私は好きではありません。だいたい、参議院が否決して、衆議院を解散、って、理屈はわかるけど筋は悪い。その点、今回は都構想そのものについての投票ですから、有権者から見て明確です。

 

今後はどうなるのでしょうか。

 

維新についてはわかりません(笑)
ただ、都構想以外の自治体運営については、一定の支持を受けています。
もっとも、私については維新の政策をすべて支持しているわけではありません。カジノについては、コロナ自粛期間のパチンコ依存症の人たちの言動を見ると、ギャンブル依存の問題をもっと研究してから進めた方がよいのではないか、という感が強くなりました。
大阪市大と府大との統合については、大学経営は府県や政令市の権限とは直接関係ないので、これ自体は二重行政とは言い難いのですが、経営統合すると決めたのなら市民や府民に異議がないなら進めたら、とは思います。ただ、統合後の大阪公立大学の英語名が、大阪大学と紛らわしい、ということで阪大などから批判があります。
公立大側が主張する「University of Osaka」は、たしかに阪大の「Osaka University」と紛らわしい。海外での論文の検索や留学など、誤解が生じる可能性がないとはいえません。法的にどうこうというより、将来の世界中の研究者などのために、避けられる危険は後発の大学が避けるべきでしょう。青森公立大学などは「public university」を使っていますし、「local govermental univercity」というのもあるかもしれません。なお、福知山公立大学は「The University of Fukuchiyama」ですが、ほかに紛らわしい大学がないので、また別です。

参考:大阪公立大学の英語名称にかかる問題点について(第3報)
https://www.osaka-u.ac.jp/ja/news/topics/2020/08/20200806

大都市と道府県との関係性、ということについては、今後も議論が続く可能性があります。
なお、いわゆる「都構想」ではなく、道府県から政令市などが独立する「特別市」制度については、私は反対です。財政力が強い「政令市」部分のみが切り離されると、残された道府県が弱体化しますし、いよいよ大都市への人口などの集中が激しくなります。これは、コロナ禍などのことを考えると、「特別市」側にもデメリットがあります。広域的な感染対策もしにくくなるおそれがあります。
もちろん、大都市側には、自分たちの税金は自分たちのために使いたい、という意向があるでしょうし、難しい問題ではあります。ただ、大都市の繁栄にためには、周囲の自治体の住民などの存在も不可欠です。通勤や通学、消費により、労働力や金を大都市に供給しているわけですし。
そのあたりを、どうバランスを取っていくか、考えていく必要があるのではないでしょうか。

各国の状況(9/10-10/29)2

 

 

f:id:jukeizukoubou:20201101155840g:plain

その次の「中位グループ」では、英国が急増し(ただし、縦目盛が前記事よりは緩やかなので注意)、ロシアやモロッコを抜いていきました。イタリアも不気味です。

 

f:id:jukeizukoubou:20201101160237g:plain

その次のグループでは、グラフ上では急増のように見えても上位の国よりは実際には緩やかな増加なのですが、医療基盤が十分とはいえないアジアなどの諸国が入っているので注意は必要です。


f:id:jukeizukoubou:20201101160547g:plain

豪州は一時はかなり増加していましたが、10月になって落ち着いてきた感があります。南半球の冬が終わったことも関係があるのでしょうか。

それを言い出せば、日本を含めて、これから冬に向かう国がどうなるか、インフルエンザを含めて気にはなります。

 

コンゴ民主共和国より下は省略しますが、人口2000万人以上の国では、中国、台湾、タイ、ベトナムタンザニアニジェールの諸国は該当期間で「死亡者なし」ということにはなっています。