国葬前夜雑感

前例から見る国葬の是非
https://jukeizukoubou.hatenablog.com/entry/2022/09/07/212210

 

上のリンク先で書いたように、前例と比較すれば安倍晋三氏は国葬には値しないということになります。
日本の独立回復を実現した吉田茂氏(国葬)には及ばず、沖縄県小笠原諸島の返還を実現した佐藤栄作氏(国民葬・なお、死去時点では首相連続在任期間が最長で、首相通算在任期間も戦後最長だった)にも及ばないか、少なくとも佐藤氏を上回るとはいえません。

 

どうしても安倍氏国葬で送りたければ、国葬の基準を法制化すればよかった。
たとえば首相在任期間などの条件を入れるとか(それが妥当かどうかは別にして)。
与党が衆参両院とも多数派なのだから、やろうと思えばできたはずです。

 

なお、選挙応援演説中に殺害されたことだけをもって「民主主義に殉じた」などという考え方には、私は賛成できません。
その選挙応援演説で訴えたことに対する反対者が暗殺した、というわけではなく、旧統一教会との関係が動機になっているわけですし。
もし、旧統一教会との連携が安倍氏の政策の主要部分だったとしたら別ですが・・・そんなことは、安倍氏が存命だったとしても認めないでしょう。

 

もっとも、明日、国葬が行われるというような時期、すでに国外の多くの要人が出席のために入国しているようなときに国葬中止を決定するというのも現実的でないのはたしかでしょう。
(ちなみに、諸国の要人は、国葬だから出席するのではなく、故人の功績や生前の友好関係などを考慮して出席するのだろうと思います。たとえ、内閣・自民党合同葬であったとしても。)

 

そして、国民や学校関係者なども弔意を強制されない、ということについては、政府が明確にしています。
立憲民主党執行役員は欠席を決めたものの、他の議員・党員は本人の判断に委ねるとしたはずで、野田佳彦元首相(党執行役員ではない)が出席表明したことに対して党内から批判されるのはおかしい、ということになります。
一方、自民党村上誠一郎氏は、逆に欠席を表明して、やはり自党内から批判の声が上がっているようです。
これも変ですね。

 

ついでにいうと、各都道府県の知事などが国葬に公費で出席することについて、訴訟提起など批判の声があるようです。
でも、これ、知事を批判しても仕方がないでしょう?
おおもとの国葬を決めた人たちに物言うのはわかりますが。

まあ、こういう変な分断も含めて、岸田首相の責任というなら、それは理解できます。

 

で、安倍氏ですが、もし死後の世界があって、このような俗世の騒ぎを見たら、どうなのかな。
自分を国葬にするかどうかよりも、自分がやってきた政策、「自由で開かれたインド太平洋」などをしっかり受け継ぎ、強化していくことの方を望むのではないかな、と思います。
そしてもちろん、拉致被害者の全員帰国、それに北方領土問題の解決、これらこそが心残りで、現状は厳しい状況ではありますが、国葬云々よりもそちらに注力していただきたい、と。

 

ご冥福をお祈りします。

露軍の戦争犯罪、国際調査委が確認

ロシア軍による処刑・拷問、国際調査委が確認…4~82歳への性的暴行証言も
読売新聞オンライン 9/24(土) 18:54配信

 【ジュネーブ=森井雄一】ロシアによるウクライナ侵略を受け、国連人権理事会が設置した国際調査委員会のエリック・モーセ委員長は23日、ロシア軍による処刑や拷問、性的暴行が確認されたとし、「ウクライナ戦争犯罪が行われたと結論づけた」と述べた。ロシア軍撤退後に集団墓地が確認された東部ハルキウ州イジュームの調査を追加で行う方針も明らかにした。

 モーセ氏が開会中の人権理事会で行った中間報告によると、視察先の16か所で処刑が行われていたことを確認した。犠牲者は事前に拘束され、遺体には頭部への銃創や喉の切り裂かれた傷痕、後ろ手に縛られた痕跡があった。モーセ氏は「訪問した地域で多くの処刑が行われていたことに衝撃を受けた」と述べた。

 被害者らの証言では、露軍による拘束後、殴られたり、電気ショックを受けたり、裸を強要されたりしたことも明らかになった。4~82歳の被害者が露軍兵の性的暴行を受けたことも確認された。

 ウクライナ側による露軍兵への虐待も2件確認された。

 調査委はこれまで、首都キーウ近郊や東部ハルキウ州など4州の計27か所を訪れ、150人以上の被害者や目撃者から聞き取り調査を行った。砲撃による破壊現場や墓、拷問施設も視察した。来年3月にまとめる報告書に盛り込む予定だ。
最終更新:9/24(土) 21:00
https://news.yahoo.co.jp/articles/b6561831d954a346317b2c156e1f17db48b4b413

 


これまで、主としてウクライナ側から発表されたロシア軍の戦争犯罪のうち、ローティーンの少女への性的暴行ぐらいまでは本当にあっただろうと確信していましたが、この国連人権理事会が設置した国際調査委員会により、4歳の幼児への性的暴行というおぞましい行為も確認されました。
ウクライナ側による露軍兵(つまりロシア民間人ではない)への虐待2件も確認ということですから、中立的な調査であったことは信用してよいと思います。ロシア側の発表に比べれば。)

 

他の行為も含め戦争犯罪であることは当然ですが、幼児にまでというのは完全に変態の所業でもあります。
(まあ、ローティーン相手でも変態といってよいと思いますが。)
ひょっとしたら、この加害者のロシア兵は、自分の性器が小さすぎたりして幼児相手でないと満足できないお粗末な男なのでしょうか。

 

変態の軍隊ですね。
この変態の軍隊を指揮しているのは、最終的にはプーチン大統領です。
プーチン氏自体が変態かどうかは知りませんが、「変態の軍隊の最高司令官」と呼んでも誹謗中傷には当たらないでしょう。

 

ロシア側を実質的に擁護している発言で知られる鈴木宗男氏は、「変態の軍隊の最高司令官の擁護者」と呼ばれても仕方がないと思います。
鈴木氏自身が変態かどうかは知りませんが。

鈴木氏は、しばしばウクライナ側にロシア側主張に沿った(つまり、ウクライナ側の実質無条件降伏に近いような条件の)停戦を主張してきましたが、自分の身内が幼児やローティーンの年代でレイプされたとしても、同じことが主張できるでしょうか。

あんたが言うか(笑)

竹中平蔵氏 岸田内閣の陣容を批判!!「こんな族議員の人がそのまま大臣になってる内閣って初めて」
スポニチアネックス 9/18(日) 19:05配信

 元総務相で経済学者のパソナグループ会長・竹中平蔵氏(71)が18日放送の読売テレビそこまで言って委員会NP」(日曜後1・30)に出演。岸田内閣の陣容を批判した。

 番組では「今の日本の問題点」がテーマとなって、竹中氏は「今の農水大臣、どういう方かご存じですか? 農協出身者ですよ。今の厚生労働副大臣は元の医師会副会長ですよ。今の総務副大臣は元の全特代表(全国郵便局長会の会長)ですよ」と説明。その上で「こんな族議員の人がそのまま大臣になってる内閣って初めてだと思いますが、そのことをどの新聞も書いてない」と不満をあらわにした。

 続けて、「これはやっぱり特定の人達に対する変な忖度で、既得権益を守ってるんですよ」と主張。「メディアがちゃんと議論すべきことを議論してないということだと思います」と述べて、マスコミにも苦言を呈した。
https://news.yahoo.co.jp/articles/6b63e381951488f5db230671ef8d6c014017c709

 


そうですね。
のちに人材派遣会社の会長になる竹中平蔵氏が、小泉内閣の特命大臣かなにかで構造改革と称して派遣業界に有利なように政策をもっていったりしたようなものですかね。


あ、日米を行き来して住民税の「合法的脱税」をやった人が、地方税の元締めである総務大臣をやるようなもの、といった方がいいかもしれません。

 

注:今の閣僚人事を肯定しているわけではありません。

公務員がコンビニでソフトクリーム

「公務員がコンビニでソフトクリーム」――区役所に届いた理不尽なクレーム 職員の訴えに反響
ITmedia ビジネスオンライン 9/17(土) 7:45配信

理不尽なクレームに対する区役所職員の投稿に反響が広がっている

 「職員がコンビニの前でソフトクリームを食べています」――。先日、東京都のある区役所に1本のクレーム電話が届いた。このクレームがあった事実をSNSで明かし、「昼休みだから問題ない」と訴えた区役所職員の投稿が、大きな反響を呼んでいる。公職に就く人々にことさら厳しい視線を向け、問題だとみなせば役所に“通報”する――。「公務員であればどんな要求を突きつけてもいい」といった、誤った考えを持つ人が一部にいる実態が浮かぶ。

(中略)

 区役所にクレーム電話が入ったのは9月12日午後1時30分頃のこと。告げ口をするような口調だったという。職員が業務をさぼっていると勘違いしたのだろうか。

 クレームを指摘された職員は、区役所の出先機関に勤務する投稿者の友人で、この日、友人は「昼当番」を終えて午後1時から休憩を取っていたという。

 区役所では、正午~午後1時の来客に対応するために「昼当番制」を敷いており、時間をずらして昼休憩を取る職員がいるという。

 友人は、テレビ番組で取り上げられていたミニストップの「プレミアム紅芋ソフト」を食べてみたかったと、投稿者に話していたという。

 区役所では、こうしたクレームが入った場合、昼当番制で午後1時以降に休憩を取る職員がいる旨を説明するようにしているという。

 今回、なぜこのツイートを発信しようと考えたのか。投稿者の「区役所の人@公務員」さんは、「昼休みくらい好きに過ごしていいんだよ」と、日々業務に励む公務員の仲間を慰労したい気持ちがあったと話す。
(以下略)
https://news.yahoo.co.jp/articles/0a49d69978f7d2ca261b0de42386c843a116fd42

 


「救急車のコンビニ立ち寄り」という記事を書いたことがあります。
https://jukeizukoubou.blog.fc2.com/blog-entry-2571.html

 

これはコロナ禍より前で、熱中症による救急搬送が続いた救急隊がコンビニで飲料水等の補給をすることについての理解を求めたものでした。

 

救急隊ほどではないにしても、公務員の仕事では、一般的なデスクワーク以外のさまざまな動きがあります。
交渉相手(用地買収や課税・納税など)の都合で、昼休み時間帯に出かけたり、突発的に保護(児童虐待やDVなど)の必要性が生じたり。

 

昼休みの窓口当番などは午後1時以降に代休的に休むことが多いですが、ケースによっては(12時頃から午後の遅くまでかかるような場合)午前中に食事を済ませておく必要があることも。

 

また、公務員とすぐにわかるような名札や公用車っぽい車もNGの場合があります。
(地域に極秘の交渉とか、特殊な行政処分的案件とか。ただし、名札のほか、身分証などは何らかの形で携行します。)

あ、レアケースですが、コンビニなどお店で買い物して聞き込み、とかも。

 

まあ、変な行動を取るように見える公務員もいると思いますが、外でサボっている職員というのはそうそういないと思いますので、ご理解ください。
(え? 中でサボる?)

ありそうな話

ウクライナNATO加盟問題は侵略の名目か…プーチン氏「断念合意」拒否 
読売新聞オンライン 9/16(金) 6:44配信

 ロイター通信は14日、ロシアが2月24日にウクライナ侵略を始めた時点で、ウクライナ北大西洋条約機構NATO)加盟を断念する暫定合意が両国間でまとまっていたにもかかわらず、プーチン露大統領が合意を拒否し、侵略を続行したと報じた。プーチン氏にとって、ウクライナNATO加盟問題は、侵略の名目にすぎなかったとの見方が強まっている。

 ロイター報道は、露政権指導部に近い3人の証言に基づいたもの。侵略を開始した直後か直前に、ウクライナとの協議を担当していたドミトリー・コザク大統領府副長官が、ロシアによるウクライナの大規模な占領を回避するため、ウクライナとの暫定合意をプーチン氏に打診したと指摘した。

 プーチン氏は「不十分だ」と指摘して当初の合意支持を撤回し、侵略目的にウクライナ領土の併合を追加したという。露大統領報道官は「事実と全く異なる」と述べた。
https://news.yahoo.co.jp/articles/ea842171c06c5c16ded38f1471d6abc32d41cebf

 


おおもとは、こちらですね。

 

********************
[パリ 14日 ロイター] 
https://jp.reuters.com/article/ukraine-crisis-kremlin-deal-idJPKBN2QF0JO

プーチン氏は当初コザク氏の交渉を当初は支持していたが、同氏から合意案を提示された際に譲歩が不十分と主張し、目標を変更してウクライナの領土の大部分を併合する意向を示した。その結果コザク氏がまとめた合意は採用されなかったという。
********************


ロシアの大統領報道官は否定していますが(まあ、公式の場で肯定はしないでしょうが)、実際にありそうな話ではあります。
この時点では、電撃的にごく短期間でウクライナを蹂躙し、キーウ占領や傀儡政権のでっち上げぐらいはできる、と思い込んでいたのでしょう、プーチン氏は。
周囲がプーチン氏にとって気に入らない情報を伝えるのを避け、プーチン氏が望むような楽観的情報のみを伝えることになって、プーチン氏は誤り、ロシア軍の初動は失敗しました。
それで、軍や情報機関の何人かは処分、更迭された、ということで、これまでの西側報道などと辻褄が合います。

 

こうなると、「ウクライナは交渉に応じるべき」などと見当違いの主張(だって、少なくとも当初は、交渉を拒否していたのはロシア側ですから)をしていた鈴木宗男氏なんかは滑稽としか言いようがありません。

もちろん、ウクライナの人々にしてみれば、「滑稽」では済まない問題ではありますが。

 

こちらの記事も、ついでに。


ロシア、外国政党に資金供与か 20カ国超、民主主義を妨害
共同通信 9/14(水) 11:39配信

 【ワシントン共同】米紙ワシントン・ポストは13日、ロシアが2014年以降、20カ国以上の政党や選挙の候補者らに対し少なくとも3億ドル(約430億円)の資金を秘密裏に供与してきたと伝えた。米政府高官の話としている。対象国の民主主義を妨害し、ロシアの利益に沿って国際政治を誘導するためだと指摘した。

 工作はアルバニアモンテネグロマダガスカルなどで行われ、アジアのある国ではロシア大使が現金数百万ドルを大統領選候補に渡したとされる。資金供与にはペーパーカンパニーシンクタンクを利用。政治的な集会に影響力を行使したり、極右団体に便宜を図ったりした。
https://news.yahoo.co.jp/articles/a738561271d37db2202f9f0ade5261d8d3d48eb0

立場を守るためにウクライナを貶めてはいけない

「野良犬と一緒。挨拶できひん奴は一緒や」ウクライナ人女性 上司のパワハラ被害を提訴 ロシア侵攻「ウクライナも悪い」と聞こえるように発言か
MBSニュース 9/9(金) 11:10配信

「アカギヘリコプター」の奈良市にある基地に勤務していたウクライナ人の女性が、上司から「野良犬」などと言われるパワハラを受けたとして、慰謝料などおよそ550万円を求めて、9日奈良地裁に提訴しました。

提訴したのは、ウクライナ国籍の27歳の女性です。訴状によりますと、女性は2018年から「アカギヘリコプター」の奈良市にある基地で契約社員として働いていましたが、上司から「お前は何もしていないのに何で給料をもらっているの」などと度重なるパワハラを受け、上司への挨拶を拒否すると「野良犬」と言われたということです。

2020年に録音された上司とのやり取りでは、「野良犬と一緒。挨拶できひん奴は野良犬と一緒や、俺からしたら気持ち悪い。」などの音声が記録されていました。

女性「あの日の言葉 今でも響いている」

訴状では、ロシアのウクライナ侵攻をめぐるやり取りにも触れています。

女性が、ウクライナ法で反逆罪に問われる可能性があるため、ロシアとの取引業務について避けたいなどと申し出ると、上司は「仕事を選ぶ人間」とメールを送付したり、女性に聞こえるように「ウクライナも悪い」などと発言したということです。女性は当時勤務していた会社に対し、慰謝料などおよそ550万円の損害賠償を求め、奈良地裁に提訴しました。会社側は「弁護士に対応を任せている」とコメントしています。

記者会見に臨んだ女性は「あの日の言葉は今でも響いています」「もう少し人間として扱ってくれると期待していたが、そうではなかった」などと、声を詰まらせながら話しました。
https://news.yahoo.co.jp/articles/f7aa0a1060910b347dbb9cc847ec7fe0a1108bc0

 


訴状を見ていないので、ここでは裁判の行方についてはコメントしませんが、

>「ウクライナも悪い」などと発言

ということについて。

 

この会社に限らず、ロシアと取引等の関係があったりして、今回のロシアによるウクライナ侵攻(及び日本を含む諸国のロシアに対する制裁や、ロシアからの対抗措置など)に悪影響を受けている人々や組織(法人等)は少なくないだろうとは思います。

たとえば、この会社の上層部や、前記事の鈴木宗男氏(日本維新の会参議院議員)が、
「ロシアとの関係を維持して、中立的な立場になってもらわないと我が社が(あるいは鈴木氏の地元の北海道関係者が)損害を受ける」
というようなことを主張したとしたら、そういう主張があること自体は理解できないことはありません。
(実際にロシアに対してどのような対応を行うか、というのは、日本全体の国益を踏まえて適切に考える」というあたりが政府の答弁になると思いますが。)

 

しかしながら、

>「ウクライナも悪い」

この発言、必要ですか?

いや、ウクライナ政府のやること(行ったこと)が無謬で、全て正しい、とまではいいません。
(日本政府だって、他の西側諸国だって、無謬で間違ったことはしていない、とはとてもいえない。)

しかしながら、ロシア系住民の保護などを理由に、独立した国連加盟国たるウクライナの領土に実質的に侵攻し(これは2014年の話)、2022年には本格的に侵略の軍を起こし、民間人の殺害や性的暴行(被害者には低年齢、ローティーンの少女などを含む)、児童を含む多数のウクライナ国民のロシア領への拉致、原発への攻撃や不法占拠、ウクライナ産小麦など農産物の強奪、これらの戦争犯罪やそれに類する行為の隠蔽のための虚偽の宣伝など、ロシアが行ってきたことは比べものになりません。

電車内(もちろん全車両禁煙)で喫煙していた男が、注意した高校生に逆切れして暴行して重傷を負わせたという事件が1月にありましたが、鈴木氏やアカギヘリコプターの上司氏の発言は「注意した高校生にも悪いところがある」というようなものです。

 

ロシアとの関係がおかしくなって、自分たちの立場が苦しくなる、というのはまだわかる。
しかし、その根本原因をつくったのは、ロシアです。
ロシアに直接抗議できないのはともかくとして(いや、抗議すべきあろうと思いますが)、自分たちの立場のためにウクライナを貶めるのは間違っています。

日本がロシアに喧嘩を売ったのではない

鈴木宗男氏の9月7日付けブログより
********************
 5日ロシア政府は、1991年4月ゴルバチョフ大統領が来日した際、提案され1992年2月12日、日露で合意したビザなし交流(日本人と四島に住むロシア人がパスポート旅券、ビザ査証をなしで相互訪問する仕組み)と自由訪問を破棄する政令を出した。
(中略)
 松野官房長官は昨日午前の記者会見で「極めて不当であり、断じて受け入れられない」と述べているが、ウクライナ問題で日本は欧米の言いなりになり、経済制裁、人的制裁をした。ロシアに対し先に喧嘩を売ったのは日本<注1>で、そのことに対するロシアの対抗措置であり日本側が「極めて不当」というのは一方的な頭作りであり日露関係の改善にはならない。先を見据えた賢い外交をしてほしいものだ。

 日本が欧米G7と一緒になって制裁に加担することで生じた問題であることを冷静に考えるべきではないか。

 ロシアが侵攻した、先に手を出したと欧米諸国は批判するが、その元を作ったのは昨年10月23日、自爆ドローン<注2>を親ロシア地域に飛ばし、今年2月19日はミュンヘンにおける欧州安保会議でゼレンスキー大統領がブダペスト覚書き<注3>の見直しを求めたことがロシアを刺激し、今日こんにちに至っているという事実をしっかり認識しなければならない。
********************

 

<注1>「ロシアに対し先に喧嘩を売ったのは日本」
 ロシアは、日本も加盟している国連の常任理事国でありながら、加盟国のウクライナに対して、国連憲章に反して不当に侵略しています。戦争犯罪も多数犯しています。他の国連加盟国と協調して非軍事的制裁を行うのは、独立国としての日本の正当な行為です。「欧米の言いなり」ではなく、主権国家として決定しています(「ロシアの言いなり」の日本維新の会所属の某参議院議員とは違います)。その制裁は、国連憲章違反のロシアに、正道に戻ることを目的とするものですから、本来、ロシアのための行為であり、正気を失ったロシア指導者はともかく、日本国民の税金で議員をやっている鈴木氏が「先に喧嘩を売った」などと発言するのは、それこそ極めて不当です。

 

<注2>「自爆ドローン」
 ウクライナが導入したトルコ製無人航空機「バイラクタルTB2」は自爆ドローンではありません。当初は偵察用に、のちには攻撃用にも使用したようですが、偵察等により「親露派」側の不当行為が発見された可能性は否定できません。また、この問題の根本的な原因をつくったのは明らかにロシアです。2014年に、ロシア系住民の保護などを理由として、クリミア半島ウクライナ東部を軍事占領したことが最初です。なお、ミンスク合意(ミンスク議定書、ミンスク2など)については、双方に違反、抵触などの行為があったと考えるのが妥当でしょう。そもそも、自国民系(この場合は親露派)の集団とその国の中央政府(この場合はウクライナ政府)との対立があった場合に、隣国(この場合はロシア)が国境を越えて侵略してよい、という理屈は、国連憲章で認められていません。

 

<注3>ブダペスト覚書き
 一般的なの日本語では「ブダペスト覚書」と書きます。1994年のOSCE(欧州安全保障協力機構)会議で、米英露が署名した覚書です。核兵器を手放す(ロシアの管理下に移す)ウクライナベラルーシカザフスタンについて、米英露が安全を保障する、という内容です。この覚書に実効性がなく、ロシア(親露派という傀儡勢力を含む)がウクライナの一部を占領する事態になっているので、その見直しを求めたというのは、ウクライナ側から見れば正当な主張です。そもそも会議による言論を「ロシアを刺激した」として批判するのは、およそ日本のような民主主義国の政治家としては、ふさわしくありません。鈴木氏流にいえば、「鈴木氏のような発言は、日本国の主権者たる日本国民を刺激するので、すぐ辞職してください」というようなものです。

 


<おまけ>
ウクライナ軍のロケット弾が奇跡的に180度回転」…露側専門家がIAEA調査団に釈明
読売新聞 2022/09/04 18:33

 ロシア軍が占拠するザポリージャ原発での国際原子力機関IAEA)の調査では、露軍占領地域から発射されたとみられるロケット弾の残骸に関し、露側専門家が「ウクライナ軍のロケット弾が奇跡的に180度回転した」と調査団に強弁する動画が拡散している。ロシアはウクライナ軍が原発を攻撃しているとの主張を浸透させようと躍起になっている。

 動画では、メディアを引き連れて調査団を案内した露国営原子力企業ロスアトム幹部が1日、ロケット弾の着弾角度に疑問を持ったIAEAの調査団に釈明している。ロシア通信も画像を配信し、ウクライナのロケット弾だと強調した。

 ウクライナの内務相顧問は2日、自身のSNSに動画を投稿し「これがロシアのやり方だ」と皮肉った。米政策研究機関「戦争研究所」は、ロシアが調査団の訪問に合わせ、原発に脅威を与えているのはウクライナ軍だと印象づける取り組みを加速させるだろうと指摘している。
https://www.yomiuri.co.jp/world/20220904-OYT1T50030/

 

 

こんなお笑い釈明をするロシア側を援護にするのは、人間として恥ずかしくないですか、鈴木宗男くん。