ワイルドカード枠決定戦の配信

日本カーリング選手権大会ワイルドカード枠出場決定戦の配信
すべて、1月27日10:30~試合開始

 

【女子】

LS北見(佐々木穂香/ロコ・ステラ) vs チーム神奈川(金井恵/CottonPot)
https://www.youtube.com/watch?v=jzU4ElMWGdE

チーム軽井沢(瀧本裕香/MY軽井沢) vs 青森CA(鈴木凛/Jupiter)
https://www.youtube.com/watch?v=a1lIR8gdT6M

 

【男子】

コンサドーレ清水徹郎) vs チーム岩手(祐川剛史/UPDRAFT)
https://www.youtube.com/watch?v=SD8ELh4ql9s

チーム市村(市村尊則/Plus Blast) vs チームTANI(谷陸太朗/クラーク東京)
https://www.youtube.com/watch?v=gC9i_tJr4hQ

ロシア敗北は考えられないか

森元首相「ロシア敗北考えられず」 ウクライナ支援を疑問視
時事通信 1/25(水) 20:01配信

 森喜朗元首相は25日、ロシアによるウクライナ侵攻について「ロシアが負けることはまず考えられない。そういう事態になればもっと大変なことが起きる」との認識を示した。

 日ロ関係に関しては「せっかく積み立ててここまで来ているのに、こんなにウクライナに力を入れていいのか」と述べ、岸田政権の対ロ外交とウクライナ支援の在り方に疑問を呈した。

 東京都内で開かれた日印協会の会合で語った。森氏は首相在任中から北方領土問題に取り組み、ロシアのプーチン大統領との良好な関係で知られる。ただ、国際社会が対ロ制裁やウクライナ支援で連携する中、今回の発言は物議を醸しそうだ。
https://news.yahoo.co.jp/articles/81a6d58465d58d05f7d59b7e1a863b5b4b978498

 


いや、物議も何も、首相在職中から「失言王」として知られていた人の発言をマトモに取り上げるのもどうかとは思いますが・・・

 

>ロシアが負けることはまず考えられない。

日露戦争(近未来の予想ではなく、『坂の上の雲』などで描かれた20世紀初頭の戦争)の頃も、「ロシアが負けるわけがない」と考えていた人々は、ロシア帝国だけでなく世界中にいたと思います。
日本の大勝利、などと威張っていうほどは国力に余裕がなかったのは事実ですが、南樺太の取得など、日本が戦勝国として国際的に扱われたのも事実です。

また、ナチスドイツの欧州での占領地拡大を見て「ドイツが負けるわけがない」と考えた日本の軍部や政治家の判断が誤りであったのも事実です。

第二次世界大戦後では、「アメリカが負けるはずがない」と思われたベトナム戦争ベトナムが勝利しましたし、「ソ連が負けるはずがない」と(少なくともソ連内では)思われていたアフガニスタンからソ連が敗退しました。

戦争がどうなるかは予想が難しい。
今回のロシアの侵略戦争も、どういう結果になるかを正確に予測することは、少なくとも私にはできません。

 

>そういう事態になればもっと大変なことが起きる

これは、最悪ということなら、ロシアの核兵器使用ということでしょうか。
その場合も、ロシアの勝利は困難です。
NATOの選択肢の中には、通常兵器のみでロシア軍を壊滅に追い込むシナリオがあるようですし、最悪の最悪は地球規模の核戦争で、ロシアを含めた人類全体の敗北です。
森喜朗氏や鈴木宗男氏が、もしも世間で評されるように「ロシアのプーチン大統領との良好な関係」があるなら、「核を使っても勝てないよ」と助言するのが「友人」としての正しい姿でしょう。

「友人」と思われているのなら、ですが。

 

まあ、本当の友人なら、少なくとも「ウクライナ領内で暴虐にふるまった方がウクライナ人を屈服させやすい」という誤った考え方を変えるように、もっと早い時期に助言すべきところでしたが。

誤解を恐れずにいえば、もし私程度の日本人にでもロシア軍占領地の軍政の権限を与えていれば、もう少しはウクライナ人からの反感を和らげたり、諸外国の報道機関を懐柔したり、鈴木宗男氏のような親露派政治家がプロパガンダなどの活動をしやすくしたりできたと思うのですが・・・

ロシアは芸術面などは優れたところもあるのに、未だに前世紀以前の軍事感覚(政治感覚かな?)を引きずっている変な国です。

オムツは保育所処理を推奨2

<参考2>
保育環境改善等事業


1 事業の目的


○ 保育所等において、障害児を受け入れるために必要な改修等や病児保育事業(体調不良児対応型)を実施するために必要な設備の整備等に必要な費用の一部について支援する。

 

2 事業の概要・スキーム


【対象事業】
1.基本改善事業(改修等)
 [1]保育所等設置促進等事業(☆)
  保育需要が高い地域において、保育所等を設置するため、既存施設の改修等を行う事業
 [2]病児保育事業(体調不良児対応型)設置促進事業(☆)
  病児保育事業(体調不良児対応型)の実施に必要な改修等を行う事業

2.環境改善事業(設備整備等)
 [1]障害児受入促進事業(☆)
  既存の保育所等において、障害児や医療的ケア児を受け入れるために必要な改修等を行う事業
 [2]分園推進事業(☆)
  保育所分園の設置を推進するため、保育所分園に必要な設備の整備等を行う事業
 [3]熱中症対策事業(★)
  熱中症対策として、保育所等に冷房設備を設置するための改修等を行う事業
 [4]安全対策事業(★)
  安全対策として、睡眠中の事故防止対策に必要な機器の備品の購入等を行う事業
 [5]病児保育事業(体調不良児対応型)推進事業(☆)
  病児保育事業(体調不良児対応型)を実施するために必要な設備の整備等を行う事業
 [6]緊急一時預かり推進事業(☆)
  緊急一時預かりを実施するために必要な設備の整備等を行う事業(☆)
 [7]放課後児童クラブ閉所時間帯等における乳幼児受入れ支援事業(☆)
  放課後児童クラブを行う場所において、放課後児童クラブを開所していない時間等に一時預かり事業を実施するために必要な設備の整備等を行う事業
 [8]感染症対策のための改修整備等事業(★)
  新型コロナウイルス感染症等の感染症対策として必要な改修や設備の整備等を行う事業
 [9]保育環境向上等事業(★)
  保育環境の向上等を図るため、老朽化した備品や、フローリング貼・カーペット敷等の設備の購入や更新及び改修等を行う事業

【補助制限】
 制限無し:(☆)の事業
 10年間の経過期間を設けた上で制限を撤廃:(★)の事業

 

3 実施主体等


【実施主体】 市区町村、保育所等を経営する者
【補助基準額】
 1.基本改善事業 1施設当たり 7,200千円
 2.環境改善事業([1]~[3]、[5]、[8]、[9])1施設当たり1,029千円
         ([4])1施設当たり500千円以内
         ([6]、[7])1施設当たり32,448千円
【補助割合】2[4]の事業 国:1/2、都道府県・市区町村:1/4、事業者:1/4
      2[6][7]の事業 国:1/2、市区町村:1/2
      それ以外の事業 国:1/3、都道府県:1/3、市区町村:1/3又は国:1/3、指定都市・中核市:2/3

********************

 

(参考1)「認可保育所における使用済みおむつの処分について(調査結果)」は、原資料をご確認ください。
https://www.mhlw.go.jp/content/001041810.pdf

オムツは保育所処理を推奨1

昨年4月に「おむつの持ち帰り、まだやってるの?」という記事を書きましたが・・・
https://jukeizukoubou.hatenablog.com/entry/2022/04/18/220828

保育所等での処理を推奨するという通知が出ました。

事務連絡
令和5年1月23日


各 都道府県・市町村保育主管課
都道府県・指定都市・中核市認定こども園主管課 御中

 

厚生労働省子ども家庭局総務課少子化総合対策室
厚生労働省子ども家庭局保育課
内閣府子ども・子育て本部参事官(子ども・子育て支援担当)付
内閣府子ども・子育て本部参事官(認定こども園担当)付

 

保育所等における使用済みおむつの処分について

 

 保育所、地域型保育事業所、認可外保育施設及び認定こども園(以下「保育所等」という。)における使用済みおむつの処分については、各地域や施設等の実情に応じて対応いただいているものと考えていますが、先般、「認可保育所における使用済みおむつの処分について(調査依頼)」(令和4年10月25日付け厚生労働省子ども家庭局保育課事務連絡)に基づいて、認可保育所における使用済みおむつの処分状況について調査を行いました。本調査を踏まえ、今般、下記のとおり、保育所等において使用済みおむつの処分を行うことを推奨することとしました。
 各位、内容を十分御了知の上、各都道府県・市町村保育主管課におかれては域内の保育所、地域型保育事業所及び認可外保育施設に対して、各都道府県・指定都市・中核市認定こども園主管課におかれては、域内の市区町村認定こども園主管課及び所管・所轄の認定こども園(類型は問わない。)に対して、遺漏なく周知していただくようお願いします。

1.調査結果について
(参考1)「認可保育所における使用済みおむつの処分について(調査結果)」

 

2.使用済みおむつの園処分の推奨について
○ 調査の結果、保護者の負担軽減等を理由に、多くの自治体がここ数年の間に使用済みおむつの処分を保育所で行うよう方針を示しており、多くの保育所で実際に使用済みおむつの処分を保育所で行っていることが判明した。その際の処分費用等の取扱いについては、園の運営費の中で負担する場合や、自治体等の補助を活用する場合のほか、保護者からの実費徴収等により行われている(なお、事前に保護者に対して実費徴収の使途や理由等について丁寧な説明をしたうえで保護者の同意を得ることで、実費徴収とすることは差し支えない)。
○ 使用済みおむつの持ち帰りがなくなることは保護者にとっては大きな負担軽減になるとともに、保育士や保育教諭にとっても使用済みおむつをこども毎に振り分ける業務がなくなることで、負担軽減にもつながることから、保育所等において使用済みおむつの処分を行うことを推奨することとする。
○ その際、保育所、幼保連携型認定こども園、地域型保育事業所(居宅訪問型保育事業所を除く。)において保管スペースの確保や衛生面の管理が課題となる場合等には、「保育環境改善等事業」(感染症対策のための改修整備等事業)(参考2参照)により、使用済みおむつの保管用ゴミ箱の購入等の費用の補助を行うことが可能であるため、積極的にご活用いただきたい。
○ なお、使用済みおむつの処分の方針にかかわらず、保育所等においては、引き続き便の状態や回数等を保護者へ伝える等、こどもの健康状態等の共有に配慮をお願いしたい。

以上

○本件についての問合せ先
認可保育所及び地域型保育事業所に関すること
 厚生労働省子ども家庭局保育課企画調整係
 tel:03-5253-1111(内線4852,4854)
・認可外保育施設に関すること
 厚生労働省子ども家庭局総務課少子化総合対策室指導係
 tel:03-5253-1111(内線4838)
認定こども園に関すること
 内閣府子ども・子育て本部参事官(認定こども園担当)付
 tel:03-5253-2111(内線38446,38374)

 

(つづく)

ロシアはストーカー殺人に似ている

「女性の方も悪かった」などと自分を正当化する供述、謝罪の言葉なく 逮捕の寺内進容疑者 元交際相手・川野美樹さん殺害の疑い 福岡・博多区
TBS NEWS DIG Powered by JNN 1/23(月) 12:13配信

福岡市のJR博多駅前で起きたストーカー殺人事件で、逮捕された男が「女性の方も悪かった」などと供述していることが新たにわかりました。

この事件は今月16日、福岡市のJR博多駅前の路上で、元交際相手の会社員・川野美樹さん(当時38)を刃物で刺して殺害したとして、飲食店従業員の寺内進容疑者(31)が逮捕されたものです。

警察は去年11月、寺内容疑者に対し、ストーカー規制法に基づく禁止命令を出していました。

取り調べに対し、寺内容疑者が「女性の方も悪かった」などと自分を正当化する供述をしていることが捜査関係者の取材で新たにわかりました。

これまでに寺内容疑者が謝罪の言葉を述べることはなく、殺害の動機については、「復縁を求めたが、かなわずに刺した」という趣旨の供述をしているということです。

警察が川野さんを殺害するに至ったいきさつなどについて調べを進めています。
https://news.yahoo.co.jp/articles/daf5e31e86289b799a30d86ac05129b939e547e4

 


>「女性の方も悪かった」

刺した時点で、それまでのいきさつに関係なく、刺した方が一方的に悪いに決まっているでしょうが。
(いや、それ以前に、警察から警告や命令が出た時点で、容疑者側の方が悪いという推定は可能ですが。)

で、「相手も悪い」という意味のセリフを聞いて、何か似たような発言があったような気がしました。

 

ああ、これか。
ウクライナも悪い」などと発言したというヘリコプター会社の(ウクライナ女性の)上司。
https://jukeizukoubou.hatenablog.com/entry/2022/09/14/212256

 

日本維新の会参議院議員である鈴木宗男氏も「ウクライナにも悪いところがある」とか「ウクライナの方が悪い」というニュアンスのような発言があったように思います。

 

そういえば、プーチン氏のウクライナ執着は、こういうストーカー殺人の犯人と似ていませんか?
「大ロシア帝国」(あるいは「偉大なソビエト連邦」)とでもいうような誇大妄想にとらわれたのか。


ロシアが西側から攻められるというような被害妄想的要素もあるかもしれませんが、フィンランドなど、かつて国土を奪われた国々も、失地を取り戻そうなどとは思っておらず、その他の諸国(日本を含めて)も、少なくとも軍事的手段でロシア領を奪おうとする意図はないでしょう。ただ一国、沿海州を奪われた中国を除いて。この国だけは、ロシアが弱いと見たら何をするかはわかりません。

 

さて、鈴木宗男氏の13日付けのブログより。

********************
 松野官房長官は午前の記者会見で、北方四島周辺海域でのいわゆる「安全操業」についてロシアが政府間交渉に応じない方針を日本側に19日「現時点で調整することはできない」と通知してきたことについて「20年以上の長きにわたり、操業を互恵的な形で維持、発展させてきた経緯がある中で、受け入れられない」と述べている。
 松野官房長官の頭づくりはどうなっているのか。(略)
ところが岸田総理のフランス、イタリア、イギリス、カナダ、米国歴訪で、ロシアへの批判、非難ばかりの発信で、これではロシアは「日本とは付き合え切れない」という思いに至ったのだ。松野長官の政治家としての見識を疑う次第だ。
 「安全操業」がどうしてできたのか、誰が提案したのか歴史の事実を知っているのか、十分わかっていないのではないか。この安全操業は鈴木宗男が提案し、実現に持って行った事業である。
(略)しっかり事実関係を頭に入れ、日本がお願いする側であることを踏まえ、どうしたら交渉に入れるか冷静に考えるべきではないか。なんとも情けない国益を損なう流れを憂うれうるものだ。
 ロシアは安全操業について交渉しなくても何も問題はない。日本は魚がないと仕事が出来なくなり、地域がなくなるのである。(以下略)
********************

 

まず、安全操業についてですが、ロシア側の好意で成り立っているのではなく、相当の額の協力金が日本から支払われています。
メリットがなければロシアも応じていないでしょう。

また、日本側にも当然、言い分はあり、本来は日本の領海やEEZであるべき海域です。
金を払うのも、北方領土問題が未解決だからのやむを得ない対応です。
そして、この件について(協力金が滞るとかの)日本に問題行為はない。
だから、ロシア側に言い分はあったとしても、それが(少なくとも全面的に)正しいとはいえない。
ゆえに、日本政府の内閣官房長官として、松野氏があのような主張をすることは、妥当適切でしょう。

一方、鈴木宗男氏のような主張は、たとえばロシア外務省とか駐日ロシア大使館がするのなら、まだわかります。
ですが、日本の国会議員である鈴木氏が行うのは、あえて分類すれば、いわゆる利敵行為といわれても仕方がありません。
「ほら、あんたの国の議員も日本が悪いって言ってるよ」とロシア側に利用されるおそれもある。

外交とは、特に利害が対立している場合、相手の主張、考え方に立つだけでは、先方に押し切られる危険性が高い。
「あんたの主張は△△だが、こっちの主張は○○だ」とぶつけたうえで、妥協ができるかどうかを探る(水面下を含めて)というのが、その場合のスタンダード。
最初から「どうすれば許してもらえますか?」などと重要閣僚が公式発言するわけないでしょう。
鈴木宗男氏は外交感覚がないのか、それともロシアの代理人としての発言なのか、表にはできない事情があるのか、私にはわかりません。

日本選手権の放送日程など

一昨日、日本カーリング選手権のワイルドカード枠決定戦の組合せについて記事を書いたのですが・・・

 

 

それを検索してアクセスしてくださった方が多いようです。

ひょっとしたら、SNSか何かで紹介というパターンがあったかもしれません。


さて、日本カーリング選手権の放送などのスケジュールが更新されました。
NHK(BS)で放送される以外のカードは、全てネット配信で見られるようになったようです(ただし、複数シートを1画面で、というパターンがあるかもしれません)。

たとえば女子予選リーグ(ラウンドロビン)は、こんな感じ。

 


黄色がNHK、白(というか色塗りなし)がネット配信。
最終ゲーム(2月3日18時~)は、その時点の状況によって決まるのでしょう。
たとえば、予選突破に関係する方のカードとか。

 

間違いがあるかもしれないので、男子を含めて、公式サイトをご確認ください。
https://japan-curling.jp/schedule/

日本選手権ワイルドカード枠組合せ

日本カーリング協会JCA)のSNSに、日本カーリング選手権のワイルドカード枠出場決定戦についての情報が出ていました。
例によって、正式登録名と普段使われている名称との関係がわかりにくいのですが、代表選手(わからない場合はフォースの選手を適当に書いたから間違ってるかも)の後に「/」で付記しています。

 

1/27 10:30~ワイルドカード枠出場決定戦

 

<女子>

WC1
LS北見(佐々木穂香/ロコ・ステラ) vs チーム神奈川(金井恵/CottonPot)

WC2
チーム軽井沢(瀧本裕香/MY軽井沢) vs 青森CA(鈴木凛/Jupiter)

 

<男子>

WC1
チーム市村(市村尊則/Plus Blast) vs チームTANI(谷陸太朗/クラーク東京)

WC2
コンサドーレ清水徹郎) vs チーム岩手(祐川剛史/UPDRAFT)

 

※西日本ブロックは男女とも参加辞退