備忘記事と素朴な疑問

古い読売新聞を見ていたら、こんな記事が目についたので、今さらですが備忘録を兼ねて。
(ネット上、読売サイトにも似た記事が出ていますが、詳細が多少違います。)

 

********************


献金「自分の生命、財産を全部はたいてでも」
(読売新聞 2022/07/14)

創設者発言集
 韓国で統一教会を創設した文鮮明氏(2012年死去)の「御言集」には、献金について、こんな言葉が収められている。
 「自分の生命、財産を全部はたいてでもしなければならない」
 信者は総収入の10分の1をささげる「十分の一献金」を求められるが、1990年代に信者の調査をした立正大の西田公昭教授(社会心理学)は「実際はもっと多く、財産の全額を献金させられる状況に置かれる人が多かった」と話す。
 教会側から「汚れた財産を神の元へ帰すため、教会に全部預けなさい」「あなたが頑張らないと一族が救われない。地獄で泣いている」と言われたケースがあったという。
 世界平和統一家庭連合は、銃撃事件を受けて開いた記者会見で「2009年以降、コンプライアンスの徹底に努めており、トラブルはない」と強調。これに対し、全国霊感商法対策弁護士連絡会は「最近も天国に行けない」と言われ、多額の献金をした被害者がいる。(同連合の)説明は事実に反している」と指摘する。

 

(引用ここまで)********************

 


この記事が出されてから2か月近くが経ちましたが、世界平和統一家庭連合などから、特にこの記事に関しての読売新聞社への抗議という話は聞いていませんので、これをベースにしたいと思います。

 

素朴な疑問


1)「御言集」の「自分の生命、財産を全部はたいてでもしなければならない」というのは、今でも「有効」ですか?


2)「財産を全部はたいても」とは重い言葉だと思いますが、全財産をはたいて献金した人が貧困で生活に困ったときは、教団で救済されますか?


3)「十分の一献金」の計算の基になる総収入には、児童手当や児童扶養手当など、本来お子さんのために使うための公的給付は含まれますか? 含まれるとしたら、それは「児童の福祉のために」という制度の目的に反するだけでなく、児童の福祉のために使われると考えている納税者に対する裏切りともいえると思いますが、いかがですか?


4)3の場合を含めて、無理な献金により信者のお子さんの生活が維持できないとすれば、それは親(信者)による児童虐待であり、それを知っていて献金を受け取る教団も虐待に加担していることになると思いませんか?


5)仏教、キリスト教、その他の宗教でも、富ある人から受けた財産を、災害に遭ったり貧しい生活を送る人々のために使って社会に還元する宗教団体は歴史上、少なくないと思います。世界平和統一家庭連合については、少なくとも日本国内においてはそういう話を聞きませんが、やっていないのですか?


6)「自分の生命をはたく」とは、自分自身に生命保険をかけて自殺し、その受取金が教団に渡るようにするという意味ですか?


7)「統一教会の発祥の国」韓国では夫婦別姓で、文鮮明氏らの夫婦も別姓ですが、日本国内では夫婦選択別姓制度の導入に反対しているのはなぜですか?
・日本の保守派に迎合するため
・国によって全員が別姓、または全員が同姓、という制度が望ましいと考えるため(国民に自由に選択させたくない)
・その他

アルゴカップ4

北海道カーリングツアー第3戦
アルゴグラフィックスカップ9月4日
https://sites.google.com/view/agcc2022/

 

準決勝
フォルティウス 5-4 ロコ・ステラ
大学選抜 5-3 ロコ・ソラーレ

 

決勝
大学選抜 6-4 フォルティウス

 

3位決定戦
ロコ・ソラーレ 6-2 ロコ・ステラ

 

端的にいうと、今日の大学選抜は強かった。
いや、今大会は全体によかったけれど、今日は特に強かったというべきでしょうか。
フォースの上野美優選手のドローショットは、会場の超高速アイスを読み切っていた感じで、サードまでは相手チームが押し気味でも上野選手の2投で得点を重ねたり、難しいワナを抜けだしたりしていた印象です。
山本冴選手は、サードとしてはともかく、スキップとしては上野選手のよさをうまく引き出していたように思います。
フロントエンドの2人も好調で、特にセカンドの安井涼音選手は、本籍(?)のSTRAHLのときよりもよかった、といったら怒られるでしょうか。

 

この選抜チームは昨季の世界ジュニア選手権で優勝したメンバーの約半分ですが、今回はユニバシアード大会用チームといわれています。
(ジュニアの年齢制限に引っかからない選手たちで再構成したのが、稚内みどりチャレンジカップで無念の欠場となったジュニア選抜)
さらに、その先は、元の所属に戻るなり、新しい活躍場所を見つけるなり、ということになるのでしょうが、今後の活躍が楽しみです。

 

フォルティウスロコ・ソラーレなど、学生選抜に負けたチームを批判する書き込みもネット上などで見かけますが、あの上野ショットを(配信で)見た人間としては、それほど心配していません。

それぞれ、課題を整理して次戦以降に臨むでしょうし。
ただ、この2強対決を(決勝でも3位決定戦でもいいから)見たかったな、とは思います。
それにしても、難しいアイスでした。

 

あ、準決勝の大学選抜vsロコ・ソラーレ戦の解説が石垣真央選手でしたが、思っていたよりよかったと思います。

アルゴカップ3

北海道カーリングツアー第3戦
アルゴグラフィックスカップ9月3日
https://sites.google.com/view/agcc2022/

 

Aブロック
フォルティウス 7-2 大学選抜
フォルティウス(不戦勝)北海道銀行
SC軽井沢クラブ 8-7 STRAHL

 

1位:フォルティウス(4勝)
2位:大学選抜(3勝1敗)
3位:SC軽井沢クラブ(2勝2敗)
4位:STRAHL(1勝3敗)
5位:北海道銀行(4敗)

 

フォルティウス強い。
午後は消化試合とはなりましたが、熱戦の末、SC軽井沢クラブが勝ちました。
小穴桃里さんのリモート解説がわかりやすく、チャットやネットの声でも好評だったようです。

 

Bブロック
ロコ・ステラ 13-1 北見工業大学

 

1位:ロコ・ソラーレ(3勝)
2位:ロコ・ステラ(2勝1敗)
3位:北見工業大学(1勝2敗)
4位:フィロシーク青森(3敗)

 

ロコ・ステラが大勝し、準決勝でフォルティウスと戦うことになりました。
なお、きのうまでの記事で、漏れていた不戦勝の結果を追記しました。まだあったらすみません。

 

9月4日の予定

10:25~
準決勝
フォルティウス vs ロコ・ステラ
ロコ・ソラーレ vs 大学選抜

14:40~
決勝
3位決定戦

各国の感染状況(2022.9.1まで)

久しぶりに、新型コロナウイルス感染症について、各国の状況です。

前回は7月7日までの状況でしたが
https://jukeizukoubou.hatenablog.com/entry/2022/07/08/212029

 

今回は、6月9日~7月7日、~8月4日、~9月1日という4週間刻みで、人口100万人あたりの死亡者数を追っていきます。

ただし、人口1000万人以上の国に限定して見ていきます。

 

今回は、9月1日までの4週間の人口あたり死亡者数が多い順に並べていますが、いきなり日本が上位に来てしまいました。

直近の4週間が一番多い国(増加に歯止めがかかっていないように見える国)を黄色で塗りましたが、まさに日本はこのパターンです。

まあ、日本にも言い分はあるかもしれません。高齢化率が高いこと(重症化しやすい国民が多い)、統計が比較的正確であること、などです。たとえばウクライナで8月4日までの数値が突出しているのは、統計を正確に取るどころではないという国情があるでしょう(もちろん、ウクライナが悪いのではなく、侵略して統計どころではなく国をめちゃくちゃにしたロシアに責任があります)。

しかしながら、日本の状況が、「オミクロンは重症化しにくいから放っておいてもいいよね」では済まない方向に向かっているのは間違いないと思います。

それはそれとして、ウクライナみたいな状況ではないにもかかわらず、統計値に信用が置けない国があるのも事実ではあります。

富士急カーリング部休部

カーリング「国内女子4強」の一角、富士急が休部 体制再構築へ「選手たちの意思を尊重」
日刊スポーツ 9/2(金) 17:10配信

 カーリング女子の強豪、富士急が休部することになった。2日に富士急ハイランドが発表した。活動再開時期は未定。

 山梨県を拠点とする同チームは10年創部。18年日本選手権で優勝し、同年世界選手権に出場するなどの実績を持つ。近年はロコ・ソラーレなどとともに「国内女子4強」の一角を担ってきた。富士急ハイランドは「チーム体制を再構築する必要があるため、選手たちの意思を尊重し、休部を決定いたしました」と説明。休部期間中も山梨県カーリング協会会員として、競技普及のための活動は行う方針を示した。

 長らくスキップを務めてきた小穴桃里はこの日、自身のツイッターでチームから離れたことを表明。「このチームでオリンピックに行くことはできなかったけれど、たくさんの宝物を得ました」と感謝した。10月に出産予定で、選手としての今後については「決まっているのは、カーリングはやめないということくらい」とつづった。

 チーム関係者によれば、小谷優奈は8月末に退職しており、妹の小谷有理沙も9月中旬に退職予定。石垣真央は富士急に残って競技を継続する。公式戦出場などチームとしての活動再開時期は未定ながら、新規メンバーを加えた“新・チーム富士急”の結成を目指していく。
https://news.yahoo.co.jp/articles/f57939a78cadfb712a384d05b1de7f2c430a6e2d

 


チーム富士急(ツイッター
【お知らせ】
2022年9月2日をもってチームとしての活動を休止いたします。
これまで多大な応援を賜りました皆様には、心より感謝申し上げます。
今後も引き続きカーリング競技普及のため活動してまいります。

(以下、画像?で添付)

 

株式会社富士急ハイランド

当社カーリング部の休部について

当社は2010年にカーリング部(チーム富士急)を創設して以来、今日まで多くの選手を育成し、世界選手権への出場、日本選手権での優勝を果たすなど、地元山梨県の皆様をはじめ、全国カーリングファンの皆様に支えていただき活動してまいりました。

この度、チーム体制を再構築する必要があるため、選手達の意思を尊重し、下記の通り休部を決定いたしました。

なお、休部期間中においても、当社は山梨県カーリング協会会員として、カーリング競技普及のため活動してまいります。

■休部日
 2022年9月2日(金)~

■富士急カーリング部(チーム富士急)概要
  沿革 2010年「富士急カーリング部」創部
  加盟団体 山梨県カーリング協会
  主な戦績 2018年 世界選手権 出場
       2018年 日本選手権 優勝

 

小穴桃里選手のSNSよりツイッターもインスタグラムも同内容)

カーリング競技人生のほとんどを共にしたチーム @fujiq_curling と、別の道を歩むことになりました。
15歳で加入し、その後好きなことを仕事にさせてもらい、楽しい仲間と高い目標に向かって努力することができて、このチームでオリンピックに行くことはできなかったけれど、たくさんの宝物を得ました。

これからのお互いの行く先に幸ありますように。
支えてくださった全ての皆様、本当にありがとうございました!

私の今後はほぼ未定です。決まっているのは、カーリングは辞めないということくらいです。

ミッション
1、10月予定の出産を無事に終える
2、母子ともに健康に過ごす

こちら無事にクリアしたら、また皆さんの前でプレーできる日が来ると思いますので、その日を迎えられるように準備していきます。

決まっている数少ないことの1つはこのチームは継続です!(引用者注:ミックスダブルスのこと)
たくさんの応援、募集中です🥌 そして応援してもらえる舞台に立てるよう、こちらも頑張ります!
豪くん、青木さん、今年もよろしくお願いします

そしてこれからいろんなことに挑戦していきたいと思うので、カテゴリーにこだわらず、楽しいお誘い、勉強になるお誘い、チャレンジングなお誘いもお待ちしております👋
私からもたくさん発信していきたいです!

チームに、私に、関わってくださった全ての皆さまに感謝と愛を込めて。

2022年9月2日
小穴桃里

********************

 

こういうことになったいきさつなど、詳細は不明です。

富士急は他のカーリングチームと異色な面が(複数)あったので、残念です。

各選手、(新)チーム、法人、それぞれがよい方向に向かいますように。

アルゴカップ2

北海道カーリングツアー第3戦
アルゴグラフィックスカップ9月2日
https://sites.google.com/view/agcc2022/

 

Aブロック
フォルティウス 8-3 STRAHL
大学選抜 7-6 SC軽井沢クラブ
大学選抜(不戦勝)北海道銀行

SC軽井沢クラブ(不戦勝)北海道銀行

 

Bブロック
ロコ・ソラーレ 7-5 ロコ・ステラ
北見工業大学(不戦勝)フィロシーク青森

ロコ・ソラーレ(不戦勝)フィロシーク青森

 

フォルティウスは途中までスチールされたりモタモタしてましたが、終わってみればコンシードで勝利。
今季、3大会で1敗しかしていない安定感です。

大学選抜は、接戦の末(本日は、少なくとも途中までは接戦のゲームが多かった)EE(エクストラエンド=延長)で勝利。

ロコロコ対決は、途中までロコ・ステラが押し気味に見えましたが、第5エンドの一瞬のスキをついてロコ・ソラーレが3点を挙げ、以後は優位に進めました。
ロコ・ステラのスキップ、佐々木穂香選手は、その第5エンドを除いては、ぎりぎり点を確保したり、最少失点で凌いだり、すばらしいショットが多かったです。

 

明日の(実質の)試合

 

10:25~
フォルティウス vs 大学選抜 →勝った方がAブロック1位通過
ロコ・ステラ vs 北見工業大学 →勝った方がBブロック2位通過
(Bの1位通過はロコ・ソラーレで確定)

 

14:40~
SC軽井沢クラブ vs STRAHL

アルゴカップ1

北海道カーリングツアー第3戦
アルゴグラフィックスカップ9月1日
https://sites.google.com/view/agcc2022/

 

Aブロック
フォルティウス 9-4 SC軽井沢クラブ
大学選抜 6-2 STRAHL
STRAHL(不戦勝)北海道銀行

 

Bブロック
ロコ・ステラ(不戦勝)フィロシーク青森
ロコ・ソラーレ 7-1 北見工業大学

 

エントリー後とはいいながら、大会前に出場辞退したチームについて表記するのはどうかとも思いますが、不戦勝/不戦敗扱いで、不戦勝チームはLSDも記録する(同星の場合に順位決定のための資料になる)というようなので、そのまま書いておきます。

 

フォルティウスは、前の大会の決勝を体調不良で欠場した小野寺佳歩選手がサードに復帰し、船山弓枝選手をフィフスに戻しましたが、安定の初戦勝利。

大学選抜は、フルメンバーではないSTRAHL(選抜チームに安井選手を取られて、石垣真央選手が入っています)が相手とはいえ、危なげない勝ち方。

ロコ・ソラーレは今大会がシーズン初戦ですが、滑りすぎる感のあるアイスにいち早く対応。どこかのメディアが(予想はしていましたが)「吉田知にとって新婚初戦」云々と書いていましたが、自身の第1投でダブルロールイン(ハウス手前の自軍の石に当てて、投げた石ともハウス内に入れる難易度の高いショット)をいきなり決めるという出だしでした。なお、北見工大が1点返したショットは見事でした。

 

明日(9/2)の午前は不戦勝ゲームのみ。

14:40から、いよいよ、ロコ・ソラーレ対ロコ・ステラがあります。